トップ の中の直鞍エリア の中の見どころ

直鞍エリア

【直鞍】見どころぐるり

トヨタ自動車九州 「あの」クルマができるまで

普段目にできない貴重な光景
 日本が誇る世界ブランド・トヨタ。宮田工場はトヨタ自動車が愛知県以外に初めてつくった車両生産工場で、高級車レクサスなど9車種を製造している。福岡ヤフードーム16個分の敷地内には、工場の他にも環境施設などがあり、事前の申し込みで案内スタッフの丁寧なアテンドを受けながら見学することができる。何気なく乗っていた車も、製造工程を見れば愛おしさが増すこと請け合い。世界最高水準の技術を、間近でその目に焼き付けてみては?

詳細を見る

駅伝・マラソンで活躍中!
 選び抜かれた10数名のランナーが所属する「トヨタ自動車九州」の陸上競技部はマラソン、トラック競技などで実績を積み上げ、2011年の全日本実業団駅伝では8位入賞を果たした。また市民ランナーを指導する「Genkaiアスリートクラブ」を通じて、地域交流も盛んに行われている。近い将来、このチームから五輪選手が誕生するかも!?

ご当地ブランドの数々

宮若ブランド
 良質な水、風土に恵まれた宮若市は、古来より質の良い米が収穫できることで有名。その地の利を生かし、近年は若い農業生産者が無農薬、無化学肥料で育てた米「夢つくし」で造った米焼酎「若造」や、紅さつまを使ったまろやかな「宮姫」などの製造を手がけている。また創業80余年、赤塚商店の「若宮みそ」、クミアイの醤油など、伝統の味も多数。道の駅や小さな商店でも、魅力ある地元のブランド品に出会える。

若摘み巨峰ワイン
 福岡県有数の巨峰の産地・鞍手町が、日本で初めて熟す前の巨峰を使った「若摘み巨峰ワイン」(500ml 3,150円)を生産(特許申請中)。2010 年11月に初回の5,000本が出荷した。フルーティーな香りがする白ワインにして、ポリフェノールの量は赤ワインとほぼ同等。同じく若摘み巨峰を使った「コンフィチュール(ジャム)」700円も評判になっている。

詳細を見る

注目すべき作家たち

全国へ発信!
 直方市は400年の歴史を誇る高取焼発祥の地。多くの茶人に愛されたその技術は、現在の陶工に受け継がれ市内の多くの陶房で生み出されている。また、高取焼以外にも宮若市など美しく静かな里山のもと、多くの作家が活躍している。美しい銀彩と独特のフォルムで全国にファンを持つ「石原祥窯」の石原祥嗣さんもその一人。また、陶芸以外にも大理石のような美しい漆器を作る「河匠」の河野行宏さんの作品も手にしたい。工房を巡る旅も魅力の一つだろう。

黒柿造蓋物

直弧文金彩瓷陶筥

作陶をする石原祥嗣さん

大正ロマンの息吹が残る 直方レトロの街並み

1_直方谷尾美術館(問:0949-22-0038)。常設展のほか「子どものための美術館」などユニークな企画展も多い 2_江浦医院。看板や案内板からも歴史を感じる 3_直方市石炭記念館へ繋がる鉄橋。地元の人でもあまり知らないが、橋桁は車両基地で使われていた方向転換のための回転レール 4_前田園茶舗。竹の品書きには五円や八円など当時のお茶の値段が

  学芸員・中込さん

ノスタルジックな街散歩
 直方市は古くは長崎街道の宿場町として、そして炭鉱景気の時代には貝島炭鉱本社のお膝元として賑わった街。JR筑豊本線と国道200号線に挟まれた、南北約1㎞のエリアには今も大正ロマンの息吹が残るレトロな建物が数多く残っている。
 今回、直方のレトロ地区を案内してくれるのは、「直方谷尾美術館」で学芸員を務める中込さん。中込さんが働く美術館も大正2年に建てられた洋館・旧奥野 医院を利用しており、自身も街並の歴史に詳しい人物だ。まずは、「直方谷尾美術館」を出発。早速隣の、白壁のハイカラな建物が目に入る。明治34年に建設 された「江浦医院」は、内外とも建築当初の姿を留めている貴重な建物だ。「実は今も耳鼻咽喉科医院として現役で使われているんです」と中込さん。そして、 その斜め前には威風堂々とした町家建築「前田園茶舗」の姿が。「上の方、軒の緑色の銅板が見えるでしょう。あれが古い建物の証ですよ」。ここでは店内で試 飲もできるので、創業時から変わらない内装を見られるのが嬉しい。
 しばらく歩くと、とのまち商店街というアーケードに入った。「正確な年は不明ですが、この商店街は完成時、屋根付きアーケードとして九州でもかなり古 く、しかも長いことで有名だったと言います」と中込さん。レトロ地区には唐揚げ店や新名物の焼きスパを提供する店もあり、小腹を満たしつつ歩くのも楽し み。「直方は石炭産業が隆盛だったころの建物が残り、今も利用されている貴重な街。散策するだけで悠久の時の流れを感じられますよ」。

直方の歴史を感じる記念館

直方市石炭記念館

 本館は明治43年に「筑豊石炭鉱業組合」の会議所として建てられた建築物で、現在は筑豊炭田の歴史を伝える資料館として活用されています(直方市有形文化財)。施設内には、写真や絵画、模型などのほか、実際に使用されていた蒸気機関車や掘削用大型機械など貴重な...

詳細を見る

四季折々で美しい日本庭園

直方歳時館

建物、蔵、庭は、筑豊の5大炭鉱王と称された堀三太郎氏の旧宅。明治31年(1898年)に建てられたものを平成9年から2年を費やして修復した。木造平屋造りの格調高い建物で、無料で見学が可能。福智山を借景にした日本庭園を眺めながら、抹茶・コーヒー(各300円)を楽し...

詳細を見る

直方を見守る鎮守

多賀神社

黒田直方藩5万石の鎮守として、元禄4年(1691年)に創建。長寿・魔除けの神様として信仰されている。毎年秋に開催される多賀神社秋季大祭では、江戸時代より伝わる「日若踊」(福岡県指定無形文化財)が奉納される。この神社の祭りについては、昭和初期に活躍した作...

詳細を見る
筑豊といえばやっぱりコレでしょう!

直鞍エリア 自慢

  • 直鞍エリア 追い出し猫絵付け 井上綾子 ゆあ

    水がきれいだからお米が美味しい!!
    追い出し猫絵付け
    井上綾子★ゆあ(3才)

  • 直鞍エリア 河野行宏

    直方市出身 魁皇ガンバレ!!
    河野行宏48才

  • 直鞍エリア 会社員 キムラー

    脇田温泉サイコ~!!
    会社員
    キムラー(20代)

  • 直鞍エリア 自営業 Daniel Fukiko

    Home of clean air and fresh homemade Pizza
    自営業
    Daniel(40代)Fukiko(40代)

  • 直鞍エリア からあげ屋 タゴ

    やきとり信玄もおいしいよ
    からあげ屋
    タゴ(23)

  • 直鞍エリア 自営業 内堀敬治 京子

    B級グルメ 直方焼スパを広くの人に食べて頂くようにガンバリます。
    自営業
    内堀敬治(70代)京子(70代)

  • 直鞍エリア 陶芸家 石原祥嗣

    自然が多く静けさが良い
    陶芸家
    石原祥嗣67才

  • 直鞍エリア 仲居未樹

    脇田温泉近くの芳賀の川がとってもキレイです
    仲居
    未樹(秘)