新原・奴山古墳群

しんばるぬやまこふんぐん

春は菜の花、秋はコスモスに囲まれる世界遺産

古代豪族、宗像の一族古墳が41基、水田の間に残っている県内有数の古墳群です。2017年(平成29年)に世界遺産に登録されました。古墳の周辺には春には菜の花、秋には約20万本ものコスモスが咲き、美しい風景を楽しむことができます。

築 : 古墳時代後期

菜の花の見ごろ:3月頃
コスモスの見ごろ:10月中旬
 

基本情報

住所 〒811-3521 福岡県福津市奴山1382
電話番号 0940-62-5093(福津市文化財課)
問い合わせ先 0940-42-9988(ふくつ観光協会)
アクセス情報 JR「福間駅」から車で約15分
駐車場 あり
ウェブサイト 関連サイトはこちら

※施設情報が変更される場合があります。最新情報は各公式サイト等をご確認ください。

SHARE

エリア
福岡エリア
カテゴリー
伝統産業
当サイトでは、利便性の向上と利用状況の解析、広告配信のためにCookieを使用しています。サイトを閲覧いただく際には、Cookieの使用に同意いただく必要があります。詳細はクッキーポリシーをご確認ください。
ページトップへ