トピックス

ホーム の中のトピックス の中の祝!世界遺産登録決定「三池炭鉱」をより一層楽しめるアプリを制作中!

祝!世界遺産登録決定「三池炭鉱」をより一層楽しめるアプリを制作中!

2015年09月02日

 2015年7月に「明治日本の産業革命遺産」の構成資産の一つとしてユネスコ世界文化遺産に登録された三池炭鉱宮原坑(大牟田市宮原町1-86-3)。ここには、日本で現存する最古の櫓である高さ22メートルの第二竪坑櫓と煉瓦造りの巻揚機室、デビーポンプ室の壁が保存されており、世界遺産登録決定以降、多くの観光客で賑わっています。

 現在、その宮原坑をはじめとする三池炭鉱についての歴史をより深く知ることができるアプリを4種類開発中です(1つはレンタルタブレット用アプリ、残り3つは携帯ダウンロード用無料アプリ)。うち1つは、三池炭鉱の立役者である「團琢磨」が案内人となって宮原坑を案内するというもの。宮原坑内の各スポットにおいてタブレットをかざすと、團琢磨による説明や当時の史跡を再現したVR(バーチャルリアリティ)を楽しむことができるアプリで、10月以降、現地でタブレットを貸し出す予定です。また、同じく宮原坑を散策すると三池女史が現れて三池炭鉱にまつわるクイズを出題してくる「三池ツバキの炭鉱クイズ」ゲーム、宮原坑と三池港を散策しながら“黒いダイヤ”を集めていく「燃える石を探せ!」ゲーム、三川坑の歴史を深く知ることができる「三川坑ライブラリー」など、携帯ダウンロード用無料アプリ3種も開発中。こちらも10月以降に配信予定です。

 三池炭鉱の関連資産が数多く残る大牟田市には大牟田市動物園や道の駅「おおむた」花ぷらす館、三池カルタ・歴史資料館など、ファミリーで楽しめるスポットもたくさん。周辺には山鹿温泉や玉名温泉など名湯スポットもあります!

 秋といえば「学びの秋」。ものづくり大国・日本の発展の礎となった「明治日本の産業革命遺産」に触れて、当時の日本へ想いを馳せてみませんか?


●お問い合わせ/福岡県商工部観光・物産振興課 ☎092(643)3429

トピックス一覧へもどる