原鶴 夏の風物詩 伝統漁法・鵜飼

鵜飼漁は、鵜(主に海鵜)の首に紐をつけて鮎などの川魚を捕る日本の伝統的な漁法。約1400年前につくられた中国の「隋書」や「日本書記」にもその記述が残っている。その様子を屋形船から鑑賞できる。

鵜飼は全国で10数カ所行われているが、九州では原鶴温泉を含め2カ所でしか見ることができない。

時期:5/20~9月末
見学:大人2,160円、子供1,080円

所在地 〒838-1521 朝倉市杷木志波26-12
お問い合わせ Tel:0946-62-0001 
Fax:0946-62-2789 
原鶴温泉旅館協同組合
駐車場 あり
アクセス JR鹿児島本線 天拝山駅よりバス1時間。原鶴温泉下車。
エリア名 筑後エリア
ジャンル 温泉地 (温泉) 伝統産業 (産業観光 )
関連リンク ホームページ

その他の写真

おすすめスポット

  • 延命館

    原鶴温泉の一角にある「延命館」。原鶴温泉はその昔、傷ついた…

  • 原鶴温泉川開き

    県内最初の花火大会(3000発)。同日鮎漁の解禁日でもあり、筑…

  • 旅館 喜仙

    原鶴随一の“ラドン”成分を含む源泉100%の掛け流し温泉。「ツル…

地図

ページの先頭へ