いにしえより伝わる黒糖・三奈木砂糖

秋月藩の特産物として江戸時代より栽培が始まった。現在でも、朝倉地域でさとうきびを栽培し、昔の製法を守り、さとうきびを絞り、薪で加熱・加工している。

一説によると三奈木砂糖は、文政年間(1800年後期)から旧藩の特産品として作られ、最盛期には、砂糖しぼり用水車が12台あり三奈木地区を中心に約500ヘクタールの砂糖きび畑で栽培されていた。

見学:毎年11月~正月前まで。製糖に関する体験・見学はJA筑前あさくらの砂糖部会が担当。製糖工場は、お店より車で5~6分。
製糖時期には、阿さひ飴本舗様を通してでも、見学申し込み可能。

所在地 〒838-0062 朝倉市堤728番地
お問い合わせ Tel:0946-22-3945 
Fax:0946-22-7748 
阿さひ飴本舗
菓蔵家 
休日 元旦
駐車場 あり
アクセス JR鹿児島本線 二日市駅下車。バス47分。地蔵茶屋バス停下車。
利用可能時間 8:40~19:00
エリア名 筑後エリア
ジャンル 特産・お土産品 (物産・特産) 伝統産業 (産業観光 ) 食品産業 (産業観光 )
関連リンク ホームページ

その他の写真

おすすめスポット

  • 阿さひ飴本舗 菓蔵家

    福岡県の中央部に位置する朝倉市。明治19年に創業した「阿さひ…

  • PANCETTA

    あさくら自然の恵みを受けた地元の食材を生かしたイタリアン! …

  • ふくれん

    新鮮で安全、安心な商品を提供するために、原料の生産から製品…

地図

ページの先頭へ