菩提樹

筥崎宮の参道沿いにある恵光院の菩提樹は、毎年6月初旬から中旬にかけて見ごろを迎えます。釈迦がその下で悟りを開いたとされ、原産地インドでは無憂樹(むゆうじゅ)・娑羅双樹(さらそうじゅ)とともに三大聖木とされます。葉は三角状卵形で、裏面は白い。夏、香りのある淡黄色の小花を下向きにつけ甘くすがすがしい香りに包まれる。開花時期には菩提樹まつりも開催され四国八十八カ所と西国三十三観音霊場のお砂踏み体験が可能なほか、本堂内の大涅槃図が開帳されます。また、当日は茶室が開放され、抹茶のふるまいなども行われます。

時期:6月上旬から中旬

所在地 福岡市東区馬出恵光院境内
お問い合わせ Tel:092-651-5133 
恵光院
駐車場 あり
アクセス 福岡市営地下鉄】 箱崎宮前駅下車→徒歩3分(1番出口)
【JR鹿児島本線】 箱崎駅下車→徒歩8分
【西鉄バス】 箱崎下車→徒歩3分
【JR九州バス】 箱崎1丁目下車→徒歩2分
エリア名 福岡エリア
ジャンル 梅 (花・植物) 名花木 (花・植物)

その他の写真

おすすめスポット

地図

ページの先頭へ