「明治日本の産業革命遺産」の足跡をたどる

「明治日本の産業革命遺産」の足跡をたどる-1

2015年に世界文化遺産として登録された「明治日本の産業革命遺産」の構成資産ゆかりの地「官営八幡製鐡所」の展望スペースや「遠賀川水源地ポンプ室」をめぐる電車の旅と徒歩の旅です。


  • 所要時間
    1日
  • 交通手段
    徒歩、電車

START

JRスペースワールド駅から徒歩で約10分

官営八幡製鐡所 旧本事務所眺望スペース

官営八幡製鐡所 旧本事務所眺望スペース

世界遺産「官営八幡製鐡所」関連遺産は、現在も稼働している工場の中にあるため一般には公開されていませんが、構成資産のうち旧本事務所の外観が眺望できるスペースが整備されています。


  • 住所 〒805-0071 福岡県北九州市八幡東区東田5
    電話番号 093-582-2922(北九州市企画調整局総務課)
    営業時間 9:30~17:00(入場は16:30まで)
    定休日 毎週月曜日(月曜日が祝日・休日の場合はその翌日)
    年末年始(12月29日~1月3日)
  • 詳しく見る
住所 〒805-0071 福岡県北九州市八幡東区東田5
電話番号 093-582-2922(北九州市企画調整局総務課)
営業時間 9:30~17:00(入場は16:30まで)
定休日 毎週月曜日(月曜日が祝日・休日の場合はその翌日)
年末年始(12月29日~1月3日)
JRスペースワールド駅まで徒歩約10分、JR筑前垣生駅まで電車で約25分、JR筑前垣生駅から徒歩で約5分

中間市地域交流センター(特産品販売さくら館)

中間市の観光拠点。世界遺産 遠賀川水源地ポンプ室の情報も充実!
中間市地域交流センター(特産品販売さくら館)

1階では観光案内や遠賀川水源ポンプ室の歴史についての解説が行われているほか、中間市歴史資料館、市民課西部出張所があります。2階には会議室や和室、調理室があり、地域の会合などに利用できます。スポーツの合宿や研修、会議を伴う利用目的であれば宿泊も可能です。中間市の物産やお土産もあります。


  • 住所 〒809-0001 福岡県中間市大字垣生660-1
    電話番号 093-245-4665(中間市地域交流センター(中間市企画政策課観光政策係))
    営業時間 9:00~18:00
    定休日 毎週火曜日(火曜日が祝日の場合翌日)
    年末年始(12月29日~1月3日)
  • 詳しく見る
住所 〒809-0001 福岡県中間市大字垣生660-1
電話番号 093-245-4665(中間市地域交流センター(中間市企画政策課観光政策係))
営業時間 9:00~18:00
定休日 毎週火曜日(火曜日が祝日の場合翌日)
年末年始(12月29日~1月3日)
徒歩で約5分

垣生公園

桜や紅葉、横穴古墳も点在する市内最大の都市公園
垣生公園

春には2,000本のサクラやツツジ、ショウブの花が咲き誇り、憩いの場として知られています。ここには県指定文化財「垣生羅漢百穴」という古墳時代後期の横穴古墳が点在しており、池にかかる朱塗りの太鼓橋を渡ると埴生神社の境内に通じています。見学も可能で、史跡を探索しながら自然にふれることができます。中央部の池でボート遊びを楽しむ人、散策しながらバードウォッチングを楽しむ人など、家族連れや団体客も多く訪れています。秋は紅葉の美しい場所としても有名です。4月に中間市3大祭りの1つ「筑前中間さくら祭り」が開催されます。

バリアフリー:車いす専用駐車場・盲導犬同伴可能


住所 〒809-0001 福岡県中間市垣生八ツ廣428
電話番号 093-245-4665(中間市産業振興課)
徒歩で約10分

筑豊本線遠賀橋橋脚

筑豊本線遠賀橋橋脚

1891(明治24)年、筑豊の石炭をより効率よく運搬するために筑豊興業鉄道株式会社によって鉄道が敷設され、中間市に初めて蒸気機関車が通りました。この煉瓦造の橋脚は開通当時に造られたものです。


住所 福岡県中間市
徒歩で約15分

遠賀川水源地ポンプ室

遠賀川水源地ポンプ室

2015年に世界文化遺産として登録された『明治日本の産業革命遺産』の構成資産の1つ。
遠賀川の河口から約10キロにある八幡製鐵所の送水施設です。八幡製鐵所第一期拡張工事に伴う工場用水不足を補うため1910年に創業を開始しました。動力は蒸気から電気に変わりましたが、現在も稼働中です。

※遠賀川水源地ポンプ室は八幡製鉄所の現役の施設のため、施設内への立入りはできません。眺望スペースからの見学はいつでも可能です。詳しくは中間市企画政策課観光政策係へお問い合わせください。


住所 〒809-0033 福岡県中間市土手ノ内
電話番号 093-245-4665(中間市企画政策課観光政策係)
徒歩で約20分

JR筑豊本線鳥森ガード

JR筑豊本線鳥森ガード

明治24年(1891年)に建設された煉瓦造りの橋りょうです。屋根のない博物館に沿うように2ヶ所の橋りょうがありますが、地元では中間駅から直方駅方向へ近いほうから鳥森ガード、屋島ガードの愛称で呼んでいます。明治24年に建設された筑豊本線のガード。煉瓦造りのガードは石炭輸送が栄えた当時の面影を残しています。
頭上ぎりぎりを列車が走る姿を見ることができます。


住所 〒809-0036 福岡県中間市長津1-15
徒歩で約5分

屋根のない博物館

気分は海外?モアイ像やスフィンクスのレプリカが並ぶ緑道公園
屋根のない博物館

平成元年(1989年)、旧国鉄香月線の線路跡地を利用してつくられた青空博物館。幅7m、全長約400mの細長い敷地は「やすらぎの空間の創出」「古代への回帰」など4つのブロックに分かれ、イースター島のモアイ像など世界の石像のレプリカ30体が立ち並びます。


住所 〒809-0030 福岡県中間市中央
電話番号 093-245-4665(中間市企画政策課観光政策係)
JR中間駅まで徒歩で約5分

GOAL

Google Mapの読み込みが1日の上限を超えた場合、正しく表示されない場合がございますので、ご了承ください


SHARE

次にチェックしたいモデルコース

当サイトでは、利便性の向上と利用状況の解析、広告配信のためにCookieを使用しています。サイトを閲覧いただく際には、Cookieの使用に同意いただく必要があります。詳細はクッキーポリシーをご確認ください。
ページトップへ