季節のおススメ情報

ホーム の中の季節のおススメ情報 の中のぶらり大牟田 宝もの発見の旅



ぶらり大牟田 宝もの発見の旅

ぶらり大牟田 宝もの発見の旅欲張りモデルコース ひなまつり 坂本龍馬と太宰府
大牟田地図

大牟田市石炭産業科学館

未来に伝えたい石炭のチカラ
 数十億年を経て生まれる石炭をテーマに、人間のエネルギー、そして地球環境を考える科学館。模擬坑道やエネルギー体験遊具など遊び感覚で知識を深めることができる。また、三池炭鉱での出来事をまとめた映画も上映。
■住所/大牟田市岬町6-23
■電話/0944-53-2377
■時間/9:30~17:00 ■休/月曜(祝日の場合は翌日休)・年末年始
■料金/大人400円、小人200円 ■HP/http://www.sekitan-omuta.jp/

詳細

宮原坑跡

当時の様子を偲ぶ貴重な史跡
 明治二十二年、明治政府から三井に払い下げられた三池炭鉱。宮原坑はその後三井独自に計画された坑口であり、いまは第二竪坑の櫓と巻上機室が残る。日本国内の世界遺産暫定一覧表に登録されている。
■住所/大牟田市宮原町1-86-3
■電話/0944-53-1503(教育委員会文化・スポーツ課)
■定期公開/毎月第3土曜の10時~17時(施設内の見学も可能)
■料金/無料
詳細

旧三井港倶楽部

明治を代表する優美な洋風建築
 三井港倶楽部は、明治四十一年八月十五日、三池港の開港と同時に開館。以来、迎賓館として広く利用されてきた。現在は格調高い古典的な雰囲気のなか、結婚式場、レストランとして広く愛されている。

■住所/大牟田市西港町2-6
■電話/0944-51-3710
■時間/ランチ11:30~14:30
喫茶11:30~17:00
ディナー17:00~20:30(要予約)
■休/火曜
■HP/http://www.minato-club.co.jp/

詳細

三池港

イギリス式の一〇〇年以上歴史ある港
 三井三池炭鉱の繁栄に重要な役割を果たした三池港。干満の差が激しい有明海の三池港でも大型船が着岸できるよう、水位を一定に保つために造られ、明治四十一年から今もそのままの姿で稼働している。

■住所/大牟田市新港町1番地
■電話/0944-53-1503
(教育委員会文化・スポーツ課)
■島原鉄道高速船の乗り場から見渡せる
 (閘門施設内は立ち入り不可)

大牟田市動物園

神々しいホワイトタイガーに会える
 延命公園内にあり、いつも家族連れで賑わう動物園。ライオン、トラ、レッサーパンダなどの、多種多様な動物たちが元気に出迎えてくれる。小さな遊園地や蒸気機関車もあり、一日中楽しめる。


■住所/大牟田市昭和町163番地
■電話/0944-56-4526
■時間/9:30~17:00
 (受付終了16:30※展示動物の収容開始)
■休/第2・4月曜
 (祝日および振替休日の場合は翌日休)年末
■料金/大人360円、高校生210円、4歳~中学生80円
■HP/http://www.omutazoo.org/

北原白秋生家・記念館

詩人・白秋の生涯にふれる
 北原白秋は、柳川の酒造業を営む旧家に生まれた。館内にはその白秋の生い立ちや生家の一部が復元され、遺品や原稿などが公開されている。1階には水郷の歴史を知ることができる資料が展示されている。
■住所/柳川市沖端町55-1 ■電話/0944-72-6773
■時間/9:00~17:00 ■休/年中無休
■料金/400円 ■HP/http://www.hakushu.or.jp/

詳細

柳川川下り

情緒豊かな水郷を満喫
 柳川の街中を流れるお堀めぐりは、柳川観光の目玉。船頭さんのガイドを聞きながら、ゆっくりどんこ舟にゆられて四季折々の花や町並みが楽しめる。
 所要時間は約1時間10分、乗降所は市内各所にある。
■住所/柳川市沖端町35
■電話/0944-73-2145(柳川観光協会)
■HP/http://www.yanagawa-net.com

詳細

バックナンバーを見る