季節のおススメ情報

ホーム の中の季節のおススメ情報 の中のめがね橋

めがね橋

山里の山々の合間にそびえ立つアーチ橋や古風な佇まいを見せる石橋など、県内には美しい「めがね橋」が各所にあります。下から橋を見上げるのもよし、めがね橋からの景観を楽しむのもよし、レトロな雰囲気を歴史とともに味わってみませんか。 光の祭典 糸島カキ・豊前海一粒かき

宝珠山橋梁(ほうしゅやまきょうりょう)

アーチの造形美が見事! 12月中旬から12月下旬にはライトアップ 宝珠山橋梁(ほうしゅやまきょうりょう)

山間地帯を行くJR日田彦山線の筑前岩屋駅と大行司駅のあいだには三つのめがね橋が架かっています。これらの橋が架けられたのは昭和二十一年から三十一年、採炭地で賑わった地域の最盛を大きく支えました。高さ二十m、長さ七十九・二mと三つのなかでいちばん大きい宝珠山橋梁(通称・奈良尾橋)は、車窓からの見晴らしも抜群です。

■ 住所/
朝倉郡東峰村宝珠山地区JR筑前岩屋駅~大行司駅
■ 電話/
0946-74-2311(東峰村企画振興課)
■ アクセス/
大分自動車道杷木ICから車で20分
■ ホームページ/
東峰村公式ホームページ
■ ライトアップ期間/
平成21年12月12日~12月26日 18:00~22:00
【めがね橋】
場所/朝倉郡東峰村宝珠山地内
駐車場/無
詳細ホームページへ
秋月目鏡橋(あきづきめがねばし)

一八一〇年(文化七年)に完成した野鳥川に架かる石造アーチ 秋月目鏡橋(あきづきめがねばし)

筑前の小京都、朝倉市秋月の野鳥川に架かる「目鏡橋」。オランダ橋ともいわれ、わが国唯一の御影石(花崗岩)造りのアーチ橋。 度重なる氾濫に対処するため、藩主の命を受け家老宮崎織部が長崎の石工を雇い一八一〇年(文化七年)に五年の歳月をかけて築造させた石橋です。 高級な御影石を使った十七・九m、幅四・六mのこの橋は、県指定有形文化財(建造物)に指定されています。

■ 住所/
朝倉市秋月
■ 電話/
0946-24-6758(朝倉広域観光協会)
■ アクセス/
甘木鉄道甘木駅より秋月方面行き「目鏡橋」バス停下車すぐ
■ ホームページ/
甘木朝倉観光案内
【石造秋月の目鏡橋】
場所/朝倉市秋月
駐車場/有150台(乗用車1日300円、マイクロバス1日1000円、大型バス1日2000円)
詳細
南河内橋と中河内橋(みなみかわちばし・なかかわちばし)

昭和初期につくられた世界的に珍しい土木遺産 南河内橋と中河内橋(みなみかわちばし・なかかわちばし)

南河内橋は、八幡製鐵所の工業用水を確保するために一九二七年(昭和二年)に完成したダム湖に架かる鋼トラス橋です。当時の最先端技術を駆使して造られ、現在は周辺遊歩道の一部として使用されています。二〇〇六年(平成十八年)に国の重要文化財に指定されました。近くにある中河内橋は、一九二三年(大正十二年)に竣工された石造りアーチ橋です。

■ 住所/
北九州市八幡東区大字大蔵、河内2丁目
■ 樹齢/
093-671-0801(八幡東区役所まぢづくり推進課)
■ アクセス/
北九州都市高速道路大谷ICから車で約15分
■ ホームページ/
北九州市公式ホームページ
【河内貯水池(河内桜公園)】
場所/北九州市八幡東区大蔵
詳細
早鐘眼鏡橋(はやがねめがねばし)

江戸時代の技術力を伝える日本最古の石造り水路橋 早鐘眼鏡橋(はやがねめがねばし)

灌漑用眼鏡橋としては日本最古のもので、長崎の眼鏡橋を造った石工の技術が導入され一六七四(延宝二年)年に造られました。石造アーチ型水路橋として早鐘池のある東の方から村々のある西の田へ水を運び、橋の上は水路であるとともに歩行路になっています。現在では利用されていませんが、しっかりとした造りは健在。国指定重要文化財となっています。

■ 住所/
大牟田市早鐘町128
■ 電話/
0944-53-1503(大牟田市教育委員会文化・スポーツ課)
■ アクセス/
JR鹿児島本線大牟田駅より 西鉄バス「早鐘眼鏡橋前」バス停下車。徒歩約1分
■ ホームページ/
大牟田市公式ホームページ

バックナンバーを見る