九州芸文館(筑後広域公園芸術文化交流施設)

きゅうしゅうげいぶんかん(ちくごこういきこうえんげいじゅつぶんかこうりゅうしせつ)

「公園の中の駅」駅前にある筑後の芸術と文化の交流拠点

全国初の「公園の中の駅」として注目される九州新幹線・筑後船小屋駅前にある「筑後広域公園芸術文化交流施設(愛称:九州芸文館)」。県内最大の県営筑後広域公園の自然に囲まれ、斜めの屋根が特徴的な建物。インパクトある建物は、国立競技場の設計者の一人であり、世界で活躍する建築家・隈研吾氏がデザインしたもの。
屋内外には、東京芸術大学の全面協力により制作された古代壁画のアートウォール、博多人形師・中村信喬氏やドイツのアーティスト・インゴ・ギュンター氏作のモニュメントなどのアート作品が展示されています。

芸術文化・体験・交流をキーワードに、国内外や筑後地域のアートなど様々な芸術を紹介する展覧会やイベント、子どもから大人までが気軽に参加できる体験教室やワークショップなど年間を通して開催。芸術文化を通した交流や情報発信の活動拠点となっています。

基本情報

住所 〒833-0015 福岡県筑後市大字津島1131
電話番号 0942-52-6435(「ちくごJR芸術の郷」事業団)
FAX番号 0942-52-6470
営業時間 9:00~21:00
定休日 毎週月曜日(祝日にあたる場合はその翌日)及び、年末年始(12月29日から1月3日まで)
料金 イベントにより異なります
駐車場 103台(車椅子用スペース3台含む)
アクセス情報 ・九州新幹線 筑後船小屋駅から徒歩約1分
・JR鹿児島本線 筑後船小屋駅から徒歩約1分
・西鉄 筑後船小屋駅前バス停から徒歩約1分
ウェブサイト 九州芸文館公式サイト
筑後市公式サイト

※施設情報が変更される場合があります。最新情報は各公式サイト等をご確認ください。

SHARE

エリア
筑後エリア
カテゴリー
レジャー施設 展示場・ホール・研修施設 アート・文化・音楽 体験・ワークショップ
#タグ
建築

周辺にあるスポット 周辺にあるスポット

このページを見ている人は、こんなページも見ています このページを見ている人は、こんなページも見ています

当サイトでは、利便性の向上と利用状況の解析、広告配信のためにCookieを使用しています。サイトを閲覧いただく際には、Cookieの使用に同意いただく必要があります。詳細はクッキーポリシーをご確認ください。
ページトップへ